音声認識

音声の活用 – 音声認識技術の概要と応用

約 XNUMX 年前、想像力の限界を押し広げた「スタートレック」の技術的に進歩した架空の世界が実現するとは、誰も信じていなかったでしょう。 カーク船長が星々をナビゲートするのを助けた会話アシスタントの背後にある音声認識技術は、現在、最寄りの食料品店や最高のレストランへの道を見つけるのに役立っています.

2020 年足らずで、音声認識技術は驚異的な成長を遂げました。 しかし、将来はどうなるでしょうか? 10.7 年の世界の音声認識技術市場は、約 XNUMX 億ドルでした。 に急上昇すると予測されている 2022年の174億4000万ドル 2026年までに16.8年から2021年まで2026%のCAGRで成長します。

の驚異的な成長 音声技術 いくつかの要因が考えられます。 これらのいくつかは、電子デバイスの採用の増加、音声操作のバイオメトリクスの開発、音声駆動のナビゲーション システム、および 機械学習 モデル。 この新しいテクノロジーをさらに掘り下げ、その仕組みとユースケースを理解しましょう。

音声認識とは

音声認識は、話者認識とも呼ばれ、異なる声紋に基づいて人の声を識別、デコード、区別、認証するように訓練されたソフトウェア プログラムです。

このプログラムは、スピーチをスキャンし、必要な音声と照合することで、人の声のバイオメトリクスを評価します。 音声コマンド. スピーカーの周波数、ピッチ、アクセント、イントネーション、ストレスを綿密に分析することによって機能します。

音声認識とは何ですか? 用語「音声認識 また、音声認識 は同じ意味で使用されますが、同じではありません。 音声認識は話者を識別しますが、 音声認識アルゴリズム 話し言葉の識別を扱います。

音声認識は、過去数年間で驚異的な成長を遂げました。 などのインテリジェントアシスタント Amazon Echo、Google アシスタント、Apple Siri、Microsoft Cortana デバイスの操作、キーボードを使用せずにメモを書く、コマンドを実行するなど、ハンズフリーの要求を実行します。

音声認識はどのように機能しますか?

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する 音声認識技術 話者を確実に確認する前に、いくつかの手順を実行します。

アナログオーディオをデジタル信号に変換することから始めます。 あなたが何を求めているかを理解するために、デバイスの音声アシスタントであるマイクがあなたの声を拾い、それを電流に変換し、それらのアナログ音をデジタル バイナリ形式に変換します。

電気信号がアナログ デジタル コンバーターに流れ込むと、ソフトウェアは電流の特定の部分における電圧変動のサンプルを取得し始めます。 サンプルの長さは短く、わずか数千分の XNUMX 秒です。 電圧に応じて、コンバーターは XNUMX 進数をデータに割り当てます。

信号を解読するために、コンピューター プログラムは、語彙、音節、音節の精巧なデジタル データベースを必要とします。 単語やフレーズ 信号をデータに一致させる簡単な方法。 比較器は、パターン認識アクションを使用して、保存されたデータベースからの音を音声デジタル変換器と比較します。

音声認識 – 長所と短所

Advantagesデメリット
音声認識により、マルチタスクとハンズフリーの快適さが実現します。音声認識技術は飛躍的に進歩していますが、完全にエラーがないわけではありません。
話すことと音声コマンドを与えることは、タイピングよりもはるかに高速です。バックグラウンドノイズ 動作を妨げ、システムの信頼性に影響を与える可能性があります。
機械学習やディープニューラルにより音声認識のユースケースが拡大 ネットワーク.記録されたデータのプライバシーは懸念事項です。

会話型 AI モデルをトレーニングするための高品質の音声/音声データセット

音声認識のユースケース

音声認識の使用例

音声認識システムは、いくつかのアプリケーションに使用されています。 話者認識は一般に、検出、検証、セグメンテーションの XNUMX つの主要なカテゴリに分類されます。

認証のための音声認識

音声認識は主に、声を使って個人の身元を確認する生体認証に使用されます。

キーやクレジット カードのパスワードなど、他の形式の ID 認証ソリューションは、紛失、忘れ、盗難の可能性があります。 ただし、話者認識システムは、パスワードや PIN に比べてはるかに信頼性が高く、確実です。

法医学のための音声認識

音声認識技術のもう XNUMX つの重要な用途は、科学捜査への応用です。 犯行中に音声サンプルが録音された場合、容疑者の声と比較して、両者の類似点を見つけることができます。

金融サービス向けの音声認識

音声認識または話者認識は、金融サービスで発信者の身元を確認するのに非常に役立つことが証明されています。 多くの銀行は、ユーザー認証の二次的なレベルとして声紋認証を追加しています。

音声認識は、特に信頼できる二次的な認証方法を必要とする銀行や金融機関にとって、別のセキュリティ層を追加します。

セキュリティのための音声認識

音声認識の最も顕著な利点の XNUMX つはセキュリティです。 話者認識は、トランザクション認証、アクセス制御、長距離テレフォン バンキングのユーザー認証、および監視を提供して、情報の悪用を排除します。

さらに、インテリジェントな音声認識システムは、重要な情報やデータベースへの不正アクセスを拒否することもできます。 たとえば、子供が音声対応の決済サービスにアクセスしようとすると、承認できないため拒否されます。

小売業界における音声認識

話者認識は、小売および e コマース業界で広く使用されています。 音声検索、ユーザーを正確に識別して認証します。

ヘルスケア向け音声認識

音声認識は、患者に提供されるケアの性質と質を向上させる上で重要な役割を果たします。 患者の音声バイオメトリクスは、データベースで身元を認証し、法的な混乱を回避し、継続的な医療サービスを提供し続けるために使用されています。

パーソナライズされたユーザー インターフェイス開発のための音声認識

音声認識は、ボイス メールの拡張など、パーソナライズされたユーザー インターフェイスの開発に使用されています。 話者を正確に認識することで、システムは話者のニーズを予測し、話者の好みや要件に基づいて提供内容を適応させることができます。

話者を認識することで、企業は完全にカスタマイズされた音声体験を提供しやすくなります。 ますます多くの音声対応デバイスが家庭に導入されるにつれて、音声認識は顧客の関与と満足度を高めるための第 XNUMX 歩となるでしょう。

話者認識とは、声の特徴に基づいて個人の身元を識別および認証することです。 音声認識は、喉頭のサイズ、声道の形状などの違いにより、XNUMX 人の個人が同じように聞こえることはできないという原則に基づいて機能します。

音声または音声認識システムの信頼性と精度は、使用するトレーニング、テスト、およびデータベースの種類によって異なります。 音声認識ソフトウェアの優れたアイデアをお持ちの場合は、データベースとトレーニングのニーズについて Shaip にお問い合わせください。

機械学習のトレーニングやテストに使用できる、本物で安全な最高品質の音声データベースを取得できます。 自然言語処理モデル.

社会シェア